INTRODUCTION導入事例

伏見司法書士事務所 伏見亮二様

大阪府

信頼できる業務システムを導入したくて、“司法くん”を選びました。

元銀行マンである伏見先生。地元の経済が活性化するよう地元密着を心がけ、大阪を中心に近郊の都市まで顧客がいらっしゃいます。司法書士を目指されたきっかけ、開業の理由、そして現在に至るまでのストーリーをお聞きしました。

 

「あなたの少し先を見据えてご提案する」がキャッチコピーですね。銀行時代は融資にご興味があったようですが、起業などのお手伝いをされたいという想いがあったのでしょうか。

やはり地元密着で地域を応援したいという気持ちがありました。大学卒業後、銀行に勤めたのも同じ理由です。生まれ故郷を見たときに一部だけでなく、周りの地域にも経済の灯りを灯したいと思いました。

 

大阪でも便利な場所に開業、今年で4年目になります。

不動産をメインに商業登記など、事務所を構える場所の地の利を生かして大阪以外のエリアにもお客様がおります。

 

業務システムを導入しようと思われた経緯をお教えください。

申請書を作成し提出する過程においてミスなく迅速に書類を作成したい。それを実現するためには信頼できる業務システムが必要だと考えたためです。

 

数あるソフトから『司法くん』を導入した決め手はなんですか?

独立するに当たってどんなソフトを使うのがいいのか、先に独立している同期に聞いて回りました。その結果、とある同期の一番いいという意見に後押しされました。

 

『司法くん』の便利な機能を教えてください。

登記情報管理で登記情報をPDFで落とし込みそれを何度も見られるところです。ソフトを使わないと何週間かすると画面から消えてしまいますので、自動的に落とし込んでくれるのは、忘れたころに確認できるということで大変助かっています。

また事件一覧の事件からリンクして請求書が作れるところです。登録免許税も自動的に落とし込んでくれるので、請求書作成にも安心感があります。

 

『司法くん』を選んで良かったと思うことがありますか?

とにもかくにも担当営業の方をはじめ西日本支社の方々が故障等の有事の際や、私の無茶なリクエストにもいつも迅速に対応していただける点です。大変お世話になってしまっています。本当に助かっています。

 

最新の事例

資料請求・体験デモのご依頼はお気軽に!

カタログ請求カタログ請求
無料デモ/コンサル無料デモ/コンサル
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-968-818