INTRODUCTION導入事例

司法書士つちかわ法務事務所 土川充夫様

愛知県

これからも愛着ある土地で一生涯の仕事として

名古屋から北へ電車で30分ほど。岐阜との県境にある人口10万人をほこる江南市に開業されている司法書士つちかわ法務事務所。以前の勤務先から独立されて2年。前勤務時代のお客様、取引先からのご紹介、またはインターネットを見た若い人からの依頼など、着実に地域に根を張りながら事務所の運営をされています。

 

司法書士になられて何年ですか?

6年です。平成21年に合格、平成23年に登録しました。もともと転勤がなく、地元でできる仕事として司法書士を目指しましたが、自分の性に合っていたようでこれから一生続けていきたいと思っています。僕自身は隣りの一宮出身ですが、ここ江南市は母の生まれ故郷でもあり、以前勤めていた事務所も同市内にあります。

 

独立開業されたきっかけは?

司法書士になりたいと同時に独立も視野に入れ、20代のうちに開業したいと思っていたところ、勤務していた事務所から独立を勧められたためです。未だにお世話になることも多く、同じ地域にありながらもお互い関係性よく仕事ができていることには本当に感謝しています。同じ江南市内の開業でしたがスムーズに進みました。(以前の勤務先の)先生のお人柄に助けられています。

 

ホームページは開業当初からご準備されたのですか?

開業してすぐに自分でつくりました。こつこつと(笑)。時々若い人がインターネットを見て来てくださいます。料金も明示してわかりやすいホームページをつくったつもりです。他にも開業時には営業、顧客対応、書類作成、請求処理等すべて自分でやらないといけないのでなかなか苦労しました。

 

業務システムの導入はしようと思われたのですか?

正確な書類の作成や、書類作成時間の短縮には欠かせないと思ったためです。以前勤務していた事務所も、司法くんを導入していました。

使い勝手の良さやサポート体制が充実していることを知っていたため、司法くん以外考えられませんでした。導入検討も導入決定もわりとスムーズに進んだように思います。

 

『司法くん』を使っていて、これは便利だと思う機能は何ですか?

登記情報の取り込みシステムです。特に商業登記では重宝しています。以前の勤務先でも自分が主だって商業登記をやっていたので。もし操作に困ったことがあっても、すぐに電話や遠隔システムで対応していただけるので、司法くんを引き続き選んでよかったと思います。司法くんを導入したことについて、非常に満足しております。

 

案件はどのようなものが多いのですか?

相続が多いですね。地主さんも多い土地なのでご高齢の方もかなりいらっしゃいます。調整区域が大多数で、不動産関係の案件が多いです。ご紹介も多く、口コミも広がってきているように思います。

これからも愛着あるこの土地で業務を続けていければと思っています。

 

最新の事例

資料請求・体験デモのご依頼はお気軽に!

カタログ請求
無料デモ/コンサル