INFORMATION司法書士のための業界コラム

2017.02.07

e-Taxを利用した確定申告は時間にとらわれずに待ち時間なし!?

こんにちは。司法くんサポートよりお伝えします。
毎年2月16~3月15日は確定申告期間になっています。
今回は、確定申告でによく耳にする「e-Tax」について調べてみました。

「e-Tax」はインターネットを利用して国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続ができるシステムです。このシステムを利用してインターネットから確定申告を行うことができます。

紙で提出する方法と比べて「e-Tax」を利用するメリットは、

・自宅から申告ができる!

確定申告期間中の税務署は大変混雑します。
駐車場から混雑して長時間の待ち時間になります。

・24時間提出ができる!

確定申告期間中は、24時間送信ができます。
日中は業務を行って落ち着いた時間に提出できます。

 

もちろん紙の提出に比べてデメリットも、

・初期設備費がかかる(約5,000円程)

e-Taxを利用するには、マイナンバーカードを利用します。
マイナンバーカードを読み込むカードリーダーをご準備していただく必要があります。

・相談員がいない

税務署では書き方が分からないときは相談員の方に相談できます。
日中に長時間消費しなくて良いと思うと魅力を感じます。
また、e-Taxを利用するためにはパソコンの環境を整えないといけませんが、
設定も簡単にできるようにツールを提供しているのでご興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

また、毎年この時期にまとめて入力するなど大変な思いをされている方は、
司法くんの請求システムがお勧めです。

司法くんの請求システムは弥生会計などの経理ソフトにデータを取りこむことができます。
また、弥生会計は入力したデータをe-Taxのデータにすることができます。

最後までお読み頂きありがとうございます。

資料請求・体験デモのご依頼はお気軽に!

カタログ請求カタログ請求
無料デモ/コンサル無料デモ/コンサル
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-968-818