INFORMATION司法書士のための業界コラム

2017.12.27

【業界コラム】外字を簡単に入力

パソコンで文字を入力する際に、変換しても出てこない文字に出会うことがあります。

いわゆる「外字」と呼ばれる文字。

司法書士の皆様はお仕事柄、目にする機会が多いと思います。

外字を入力や印刷するには、Windowsの「外字エディター」という機能を使って、文字を作成し登録する操作が必要です。

登録操作をしたパソコンで、その文字を入力できるようになります。

既にご利用いただいている方も多いかと思います。

さて、今回はそこから先のお話。

登録した外字。どうやって入力してますか?

IMEパッドを開いて文字一覧を開いて、「外字」を選択して・・・・、

探し出すのも一苦労。

そんな皆様に朗報です。

実はとても簡単に、作成した外字を入力する方法があります。

操作は簡単。

まず、外字を入力したい画面で、「がいじ」と入力します。

column-20-2

次に、変換確定をせずにキーボードの「F5」キーを押します。

column-20-1

すると、IMEパッドの外字の画面が表示されます。

あとは、入力したい外字を選択するだけ。

煩わしい操作をせずに簡単に入力できちゃいます。

 

日本語入力にATOKをご利用の方は、「Ctrl」+「F11」キーを押すことで、

ATOK文字パレットの「記号・よく使う文字」の「外字」画面が表示されますので、入力したい文字をクリックするだけで簡単に入力できます。

column-20-3

ご案内した操作には、キーボード上部にあるファンクションキー([F1]~[F12]キー)を利用します。

ファンクションキーを初めて使った・・・、という方もいらっしゃるかもしれませんが、この操作だけは、知っていると便利。

覚えているとお仕事もスムーズになること間違いなしです。

 

この記事に関連する業界コラム

関連記事はありません。

資料請求・体験デモのご依頼はお気軽に!

カタログ請求
無料デモ/コンサル