INFORMATION司法書士のための業界コラム

2019.01.30

ブロック別新人研修会に出展しました!

最近、寒さもいちだんと厳しくなって、今年は各地でインフルエンザが猛威を振るっています。

こまめな手洗いやうがいなどで感染予防を心掛けたいですね。

先日、「司法くん」は平成30年度ブロック別新人研修会に出展いたしました。

多くの新人司法書士の先生方にご来訪いただきましてこの場を借りて御礼申し上げます。

1月6日の大阪府の近畿ブロックを皮切りに、宮城県の東北ブロックから福岡県の九州ブロックまで全国各地の研修会場で「司法くん」をご紹介させていただきました。

寒いなかでしたが、ブロック別に先生方が一堂に会して各地とも会場は熱気にあふれ、経験豊富、様々な経歴をお持ちの司法書士の先生が講師となってより具体的な実務の説明をされていました。

 
研修中でお忙しいなかでも「司法くん」のブースに立ち寄っていただき多くのお声をかけていただきありがとうございました。

今回の研修会で「司法くん」を初めて知っていただいた先生も多く、いろいろな機能に興味を持っていただき、貴重なご意見や感想もお伺いさせていただきました。

特に印象的だったのは、開業に向けて今後の具体的な計画や予定を決めて前準備をされている先生方が結構いらっしゃるということでした。

開業する場所、時期、設備準備など具体的なスケジュールを決めて目標に向かっているお姿に強いエネルギーを感じました。

開業の形態も、現在では多様化しており、たとえば、以下のような形態があるようです。

・自宅で開業

・事務所を借りて開業

・共同事務所・合同事務所として開業

・他の先生の事務所内で開業

また、司法書士試験合格後、司法書士事務所に雇用されていた期間については、「3~5年」が30%で一番多く、次に「2年以内」が29%となっています。

雇用されていた期間が「6~9年」になると19%、「10年以上」では17%という結果になっています。

※司法書士白書(2015年度版、日本司法書士会連合会)より

これを見ると勤続年数が5年以内で独立される方が6割近くいるようです。

「司法くん」では開業準備の情報をホームページの「開業スタートアップナビ」で紹介しております。

ご覧いただきご不明な点はお気軽にご相談ください。

これからも司法書士会配属研修、特別研修と研修が続くと思いますが時節柄ご自愛ください。

最後になりますが、「司法くん」は新人司法書士の先生方の今後益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

この記事に関連する業界コラム

関連記事はありません。

資料請求・体験デモのご依頼はお気軽に!

カタログ請求
無料デモ/コンサル