INFORMATION司法書士の開業ノウハウ

2016.11.16

司法書士事務所 独立開業の「ヒト」「カネ」「モノ」 その1

はじめまして。「司法くん」営業の小田原です。
「司法くん」の担当としてはまだ日が浅いですが、前職のコンサルティング・士業事務所での経験を活かして、独立開業をお考えのみなさまにとって役に立つ情報を発信させていただければと思います。
特にビジネスに必要といわれる「ヒト」「カネ」「モノ」についてのアレコレを中心に発信する予定ですのでよろしくお願い致します。

業務関係で必要なモノ ~司法書士会への登録
当たり前ではありますが、司法書士として開業する場合、司法書士として登録する必要があります。

【司法書士法8条1項】
司法書士となる資格を有する者が、司法書士となるには、日本司法書士会連合会に備える司法書士名簿に、氏名、生年月日、事務所の所在地、所属する司法書士会その他法務省令で定める事項の登録を受けなければならない。

具体的な登録・入会方法は所属予定の司法書士会に問い合わせるのが一番ですが、おおむね下記の書類等が必要となるようです。

①登録申請書(登録免許税30,000円の収入印紙を貼付)
②名簿(写真を貼付)
③誓約書
④履歴書
⑤入会届
⑥司法書士となる資格を有することを証する書面
⑦戸籍抄本
⑧住民票の写し
⑨身分証明書(成年後見人・被保佐人・破産者でないことを証明)
⑩登記されていないことの証明書(成年後見人・被保佐人でないことを証明)
⑪登録手数料(現金、25,000円)
⑫入会金(現金、各司法書士会によって異なる、35,000~50,000円程度)
⑬職印

この中でも⑦⑨⑩⑬は時間がかかると思いますので早めに準備されるのがよいかと思います。
⑦戸籍抄本(本籍地の市区町村役場が発行。)
⑨身分証明書(本籍地の市区町村役場が発行。)
⑩登記されていないことの証明書(各都道府県の法務局本局、郵送で請求する場合は東京法務局が発行。)
⑬職印の作成

 

今回は司法書士の登録についてかんたんにお話しさせていただきました。
業務に必要なモノはまだまだありますが、それらについては次回以降お話し致します。

 

資料請求・体験デモのご依頼はお気軽に!

カタログ請求カタログ請求
無料デモ/コンサル無料デモ/コンサル
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-968-818