INFORMATIONお知らせ

2019.07.11

司法書士になったら開業する?しない?メリットとデメリットをご紹介!

司法書士お役立ちブログを更新しました。

開業するかしないかは、司法書士にとって一番の悩みどころです。司法書士は資格取得後に、数年間司法書士事務所に勤めた後、自ら司法書士事務所を開設するのが一般的です。開業した司法書士を開業司法書士、司法書士事務所に勤務している司法書士を勤務司法書士と呼びます。

進路を選択するときには、各進路のメリットとデメリットを把握するととともに、自分自身のパーソナリティや価値観を見極めることも重要です。最初に開業司法書士、勤務司法書士それぞれのメリットとデメリットを紹介します。次に開業、勤務それぞれに向いている個人のパーソナリティや価値観を紹介します。

→ コラムはこちら

資料請求・体験デモのご依頼はお気軽に!

カタログ請求
無料デモ/コンサル