ホーム > 導入事例 > 司法くんが一番司法書士のニーズにあわせて丁寧に設計されていると感じています。

司法くんが一番司法書士のニーズにあわせて丁寧に設計されていると感じています。

司法書士 かみしおいり法務事務所 上塩入 徹様

上塩入 徹様
司法書士歴
約3年半 ※掲載日時点
地域
兵庫県
選んだ理由
司法書士のニーズに一番合う
おすすめ機能
変更後情報が全ての関連事件に反映
掲載日
2018.10.30




司法書士になられて何年ですか?

約3年半です。開業してからは今年の8月1日で3年目に入りました。

司法書士を目指された理由をお教えください。

もともと弁護士志望で大学も法学部に進みましたが、弁護士という職が自分の希望通りにいかず、何か法律関係の仕事をしたいと思ったときに、友人の兄が大学在学中に司法書士試験に受かったときいて、司法書士に興味を持ちました。

最終的に司法書士を選ばれた理由は?

一つは日本全国に通用する法律に携われるとこと、二つ目に法律を知らないことで不利益を被る人を減らしたい、三つ目に相続などで高齢者が法律のトラブルに巻き込まれないように身近で手助けできる職業だと思ったからです。

どういった案件が中心なんですか?

民生委員や地域を見守っている方たちと協力して、高齢者の方で法律のトラブルや困っている人のところに行って、解決のお手伝いをしています。
兵庫県内だと神戸市内、西宮、あと大阪府内まで訪れています。直接会ってお話しすることがほとんどなので、日中は外出が多いです。

独立開業されたきっかけは?

自分自身の色、知識や方針で相談者の力になりたいと思ったから。
卒業後に大阪の事務所へ勤務しながら資格を取得、その後神戸の事務所へ一度勤務しました。
親を見たひな鳥ではないですが、事務所によって解決へのアプローチは様々です。
色々な事務所のやり方を見て、自分にとっての最善の方法を考えだせる経験を積んで独立には踏み出すことができました。

先生が理想に描いた司法書士はどんなスタイルですか?

僕は困っている人のために親身になって直接手助けしたくて、今仕事をしています。
豪快で面倒見の良かった祖父の影響もあると思うのですが、人様に後ろ指を指されないように過ごしていきたいと思っています。

何故、業務システムを導入しようと思われたのですか?

より早く、より正確に業務を行い、適切に管理できるようにしたかったから。

数あるソフトから『司法くん』を導入した理由を教えてください。

補助者時代に複数の業務システムを経験したが、司法くんが一番司法書士のニーズにあわせて丁寧に設計されていると感じたから。

『司法くん』を使っていて、これは便利だと思う機能は?

関連事件の当事者・不動産情報(住所、地番や面積)を変更した場合、その変更後の情報がすべての関連事件に反映されるので手間が少ないです。

『司法くん』を選んで良かったと思うことがありますか?

書類の管理、事件の管理がとてもしやすく、いつも助かっています

もし差支えなければ、開業時に苦労したことをお教えください。

いわゆる金なしコネなし信用なしから始めたので、売上の見込みが立つまで毎日悩み、自問自答しました。

これから開業される方にメッセージがあればお願いします。

1人または少人数で事務所を経営される場合、お金以上に大切なのが「時間をどう生み出すか」だと思います。
スタートアップ時に業務システムを導入されるか悩む方は多いと思いますが、素早く、正確な書類作成と事件管理が行えることによって、作業時間を効率化でき、「人との繋がり=自分にしかできない仕事」に大切な時間をかけられる様になります。
時間を効率よく活用し、これからの司法書士人生を素晴らしいものにしてください。

デモンストレーションを
依頼してみる

まずはお気軽に無料デモンストレーションをご依頼ください。
料金プランや導入についての無料コンサルティングを行っています。

他の事例をもっと見る

『司法くん』は使いやすい。
司法書士 福原誠事務所
福原誠 様
全青司(全国青年司法書士協議会)はかなり長く、会長までやりました。仲間づくりはもちろん、新しい情報が得られるメリットは大きいです。 
石川 亮 司法書士事務所
石川 亮様
倉持 達也様
初期費用が抑えられたこと。価格が導入理由です。
倉持司法書士事務所
倉持 達也様
司法くんは父の代から利用。司法書士はずっと続けていきたい仕事です。
司法書士 加藤勝彦事務所
加藤 慎平様
山田 慎二様
補助金なども利用して積極的に業務ソフトは導入すべきだと思います。
あなん司法書士事務所
山田 慎二様
マニュアルが他社と比べて丁寧、かつ、分かり易い。
司法書士九九法務事務所
尾形 壮一様

司法くんについて、さらに詳しく知りたい方

司法くんの詳しい製品情報や機能は「製品カタログ」からご覧になれます。
初めての方は、まずはこちらをダウンロードしてご検討ください。

Document download 資料ダウンロード

お問い合わせ

司法くん導入の
ご検討・ご相談はこちらから

まずはお気軽にお問い合わせください。