ホーム > お役立ちコラム > 業務 > 後悔しないデータ運用
業務

後悔しないデータ運用

パソコン業務を行う上で重要なこととして万が一のデータ損失対策があります。 多くの方は対策として外付けハードディスクやクラウド上へのバックアップを取られていることと思います。バックアップは効果的な対策でありますが万が一、問題が発生した場合にデータ復旧するまで業務を何時間、時には数日止めなければならいないといった問題もあります。

今回は、その万が一に問題発生した場合に速やかに復旧できるようバックアップ+αの対策をご紹介します。

ミラーリング機能付ハードディスクでのデータ運用

ミラーリングとは複数のディスクドライブに同一のデータ内容を記録する機能のことです。

通常、パソコンには一台のハードディスクが内蔵され、データ内容が書き込まれていきます。 そのためハードディスクの故障によりデータ損失した場合、ハードディスクまたはPC事体を修理、交換した上でバックアップデータからデータ復旧を行うため業務 ができるまでに時間がかかってしまいます。

一方、ミラーリング機能付ハードディスクは複数のディスクドライブが内蔵され、データ内容をそれぞれのディスクドライブに同時に書き込むことが可能です。 そのため、いずれかのディスクドライブが故障した場合でも正常に使用できるディスクドライブのみで一時的に運用し、その間に壊れたディスクドライブを交換して復旧といったことが可能ですので業務を止める時間が少なくすみます。 また、PC本体に故障が発生した場合はミラーリング機能付ハードディスクを別PCに接続して司法くんを運用することも可能です。

このようにミラーリング機能付ハードディスクをご利用いただくことで、データ損失時に業務が止まってしまう時間を最小限にとどめることが可能です。

ただしミラーリング機能付ハードディスクでもデータの完全保証はできませんのでオンラインバックアップとの併用をお勧めいたします。

NAS(Network Attached Storage)での運用

通称ネットワーク対応HDDとも言われるNASはネットワーク=LANに直接接続するハードディスクで、パソコン本体にではなくファイルサーバーとして活用する専用機器のことです。

例えば複数台で業務をされている場合、親機を起動しないと他パソコンでファイルやデータが共有できない、最悪の場合親機が故障してしまい業務ができないなど起こりうることが考えらます。

ミラーリングの復旧を待たずにNAS本体にデータが保存されているので、他パソコンに影響が出ません。また24時間365日の稼働を前提にしたミラーリング設定はNASでも実装されているので、万が一の場合でも安心です。

弊社でもミラーリングハードディスクやNASのお取り扱いがございますので、ご購入の相談などお気軽にお問い合わせください。 

司法くんについて、さらに詳しく知りたい方

司法くんの詳しい製品情報や機能は「製品カタログ」からご覧になれます。
初めての方は、まずはこちらをダウンロードしてご検討ください。

司法くんは司法書士専用の
業務支援システムです。

司法くんは作業効率の大幅アップで業務の生産性が上がる、
司法書士専用の業務支援システムです。
司法くんの詳しい製品情報や機能は「製品カタログ」からご覧になれます。

お問い合わせ

司法くん導入の
ご検討・ご相談はこちらから

まずはお気軽にお問い合わせください。